サービス

異文化研修セミナー

異なる文化圏から来たビジネスパートナーとの仕事の中で、とつぜん壁にぶつかることがあります。互いに言葉は通じているはずなのに、求めている回答が来なかったり、予想と違った反応が返ってきたりとコミュニケーションに不満を感じることはありませんか。
異文化セミナーを通じて相手の文化だけでなく、外から見られる自分の文化を見つめ、相互理解を深めましょう。
効率的なコミュニケーションによって互いの協力がスムーズになり、パートナーとより良い関係を築くことができます。また時間や資源の節約にも繋がります。

どのようなセミナーがありますか?

クライアント様のニーズに合わせて、数種類のセミナーを提供します:

半日セミナー

3~4時間で、文化の概念と重要な面を見ていきます。さらに、ドイツ人とのビジネス関係におけるもっとも重要なビジネスマナーを教えます。

1日セミナー

1日セミナーでは、異文化コミュニケーションについての話を聞くだけではなく、実習も伴います。
対話型ワークショップを通じて、クライアント様のそれまでの経験をベースに、より具体的に学ぶことができます

2日間セミナー

ドイツ出張や赴任に向けて集中的に準備がしたい、または特別な質問をお持ちのクライアント様には、さらに時間を取って頂くことをお勧めします。
2日間セミナーでは、いくつものシチュエーションを想定した実習を行います。
それは握手と挨拶に限らず、ドイツの現場における行動やテーブルマナーまで含めます。

セミナーでは何を教えてくれますか?

まずは文化研究に基づき、文化の定義や概念を明確にします。
クライアント様ご自身の文化を分析した上で、さらに多角的に相手の文化と比較しましょう。
日本とドイツの共通点と考え方の違いを明らかにして、やりがちなミスや誤解、相手に対して失礼のない様に気をつけるべき点を指摘します。
日本人、ドイツ人の双方向へ向けたセミナーを提供致しますので、日独共同チームのプロジェクトにおける相互協力の向上が期待されます。

オーダーメイド研修・セミナー

企業はそれぞれ異なったニーズを持っています。
例えばドイツの販売先を持つ中規模の工作機械メーカーの社長が異文化研修で学びたいことと、大手日系企業の社員としてドイツに赴任された経理専門家の学びたいことは違います。
異なるニーズに対して、オーダーメイドのセミナーでお応えします。
貴社の必要とされるセミナーは何ですか?

クライアント様の声

「ドイツさんは日本語が上手に話せるだけではなく、日本的な考え、気持ちや思いやりをとても大切にされる方です。彼女は豊かな知識と経験を持ち、大切なお客様の商談や専門性の高い会議といった重要なビジネスシーンにおいて、私たちが心より信頼できる通訳者です。」

竹田バウアーヨーロピアントラベル